ユーザー登録
文字サイズ

令和元年6月15日号 広報みかわ

子ども広場(ひろば) 東郷小学校より

6/25

山形県三川町

■優(やさ)しく、賢(かしこ)く、逞(たくま)しい東郷っ子 主体的な「学び」のある学校へ
新年度がスタートしました。東郷小学校は、昨年度よりも15人増え、129人での船出です。1年生は26人と、町内の小学校の中では一番多い新入生数です。
学校目標「優しく、賢く、逞しい東郷っ子」を目指し、児童・教職員一同、一丸となって日々の活動を行っています。
今年度の目指す学校像は「主体的な『学び』のある学校」です。自分で課題を見つけ、取り組み、意欲的に解決していく児童・教職員になることを狙っています。

▽主体的な「学び」とは〜1年生を迎える会を通して〜
新年度がスタートして、全校で「1年生を迎える会」を行いました。これは、6年生が最初に企画する大きな行事です。1年生を温かく迎えるためにはどうしたらよいのか、全校を動かすためにはどんな工夫が要るのかを6年生が中心になって企画しました。
教職員がすべてシナリオを考えて、それに沿って行えば、大きな失敗もなく、そつなく終わります。しかし、子どもたちが育つことはありません。主体的な「学び」にするため、子どもたち自身が企画を考え、一人ひとりがどう動かなければならないかを話し合いました。
子どもたちが考えたアイデア:拍手で入場、王様じゃんけん、王様から勝ったらメダルをあげるなど

▽子どもたちのアイデア実現〜そして笑顔へ〜
6年生の企画がまとまり、いよいよ本番の日を迎えました。1年生の入場で体育館が温かい拍手に包まれました。
「王様じゃんけん」は笑顔があふれ、1年生は大喜びでした。
子どもたち自身が考え、作り上げることで生まれる成功体験は、「主体性」につながり、次の活動への原動力になります。東郷小では、これからも「主体性」を大切にしながら、子どもたちを見守っていきたいと思います。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル